コンセプト

    《ご挨拶》

御訪問下さりありがとうございます。 

京都・お箸塾“Sakura-ju(サクラージュ)”代表の

櫻庭 淳子と申します。

2017年1月から始めたお箸レッスンも、 

セミナーや各講座も含め、 約200名を超える方々がご受講下さりました。

お箸の奥深さに触れ、今一度原点に立ち戻って改めて取り組んで下さる方が少しずつ増えて参りました。

 本当に嬉しい限りです。

『私達大人から次世代の子供達へ』

お箸をしっかりと伝えてゆける大人を沢山

作りたい。 そんな想いで活動をしています。 

     “Sakura-ju(サクラージュ)”とは、『桜樹』

『そう、それはまるで桜の様に、、、』

『桜』は、何十年、何百年、その長い年月、力強く大地に根を張り、暑い夏も、嵐の日も、凍える寒さの季節でさえも、私達の日常をどんな時もずっと見守ってくれています。
その存在は、あまりにも身近で当たり前過ぎるから、誰も気にも留めません。
しかし、そんな『桜』は、、、
 新生活の始まりを告げる合図かの様に、
満開に咲いた花びら達が私達の心を明るく
照らしてくれています。
いつしか、そんな『桜』の周りには、、、
沢山の人々が集い、心と心を通い合わせ、
人と人との繋がりをより深めていく、、、
何十年、何百年、その長い年月、私達の人生を優しく見守り続けてくれているそんな
桜の様に、、、
先人達がずっと大切に伝え続けてきた
『お箸に託された“日本人の心”』を、
私達大人から次世代の子供達へと
しっかりと繋げてゆきたい。。。
ごく普通の日常の中で、
親から大切な我が子へ、そしてまたその次の世代へ、、、
人も自然も動物達も、優しさや思いやりに満ち溢れる。そんな毎日になる事を願って、、、
『Sakura-ju(桜樹)』