コンセプト

    《ご挨拶》

御訪問下さりありがとうございます。 

お箸塾“Sakura-ju(サクラージュ)”代表の

櫻庭 淳子と申します。

   

2017年1月から始めた箸稽古も、 

セミナーや各講座も含め、

 約850名を超える方々がご受講下さり

ました。

   

お箸の奥深さに触れ、

原点に立ち戻って改めて取り組みたい。

と思う方々が増えて参りました。

  

◾︎ 大人になり、

  今更誰に相談していいのか分からない。

◾︎ お箸が正しく使えない。というだけで

  肩身の狭い思いをして過ごしてきた。

◾︎ そもそも、自分のお箸の持ち方が

   合っているのか分からない。

◾︎ 周りからお箸の持ち方が変である。

 と指摘された。


etc、、、

そんなお悩みを全て
『日本箸文化協会認定講師』である
私にお聴かせ下さい。
 
ひとつひとつを丁寧にレクチャー致します。

大人になった今だからこそ、

改めてお箸を学びませんか?

     “Sakura-ju(サクラージュ)”とは、『桜樹』

『そう、それはまるで桜の様に、、、』


京都市伏見桃山・明治天皇陵すぐ傍にある
『お箸塾“Sakura-ju”』は、
数あるマナーサロンや多種多様な
レッスンで溢れている中、
   
箸ソムリエの中でも、
全国に数える程しかいない
「日本箸文化協会認定講師」が、

大人になった今だからこそ、
正しく綺麗な本物の
「お箸の持ち方・お箸の使い方」を
しっかりと身に付けて頂くため、

『お箸レッスンに特化』させて、
お箸レッスン専門のお稽古を
開催しているのが、
お箸塾“Sakura-ju”の特徴です。
  
実際、社会に出てみると
大人になった今でも
『ご自身のお箸の持ち方・お箸の使い方』
について誰にも言えずにお悩みの方は
多くいらっしゃいます。
  
ですが、
お箸について悩む事、
改めて学ぼうと思う事、
それは決して恥じる事ではありません。
   
大人になった今だからこそ、
改めて見直してみよう!と思う『心』が
何よりも素晴らしいからです。
   
そのお悩み、
『日本箸文化協会認定講師』である私に
寄り添わせてください。
ひとつひとつしっかりと丁寧に
お伝え致します。
   
   
■《お箸塾“Sakura-ju”》の想い

当サロンの名前でもある“Sakura-ju”、
この由来について少しお話させて下さい。
  
漢字にすると『桜樹』。
   
桜とは、、、
何十年、何百年と長い年月をかけて
力強く大地に根を張り、
暑い夏、凍える冬、嵐の季節でさえも、
どんな時も私達を見守ってくれている
そんな存在です。
   
その存在が当たり前すぎるが故に

日常の中で、桜を気にも留める事は
ほとんどありません。 
 
しかし、
寒い冬が終わり、
春が訪れる季節になると、、、

新生活の始まりを
告げる合図であるかのように、、、
   
満開に咲いた桜の花びらが
私達を明るく照らしてくれています。
  
いつしか桜の樹の下には、
多くの人が集い、
人と人との繋がりを深めてゆく。

そんな桜のように 、、、

『箸に託した“先人達の想い”』を

私達大人から次の世代へとしっかりと
伝え繋げてゆきたい、、、。
  
そんな想いを込めて 
  
“Sakura-ju(桜樹)”と

名を付けました。
  
当サロンに通われる皆様の日常が、
 
“優しさと思いやりに満ち溢れる”
そんな毎日になる事を願って、、、
   
                           “Sakura-ju(桜樹)”